テクニカル勉強

トレンド・ライン☆テクニカル勉強メモ

投稿日:

トレンド・ライン

f:id:cryptannews:20171220215058j:plain

トレンド・ラインの基本は、チャーティストが用いるテクニカル・ツールの中で最も単純でありながら、しかも先物市場においては最も有効なものである。

トレンド・ラインを引く

1:トレンドの証拠を見つける。
上昇トレンド・ラインを引くには、少なくとも二つの右上がりの谷がなくてはならない。
右上がりの二つの谷が確認されれば、それを結んで右上がりの一本の線を引く。
2:3点目を持って有効性を確認する。
1で作ったトレンド・ラインの有効性を確認するために、3点目を確認する。
(上図の最後の谷)

トレンド・ラインの使い方

トレンドの基本概念の一つは、動き始めたトレンドはしばらく継続するということ。
上昇トレンドでライン近くまで売られた所は、買い場(谷)。
下降トレンドでライン近くまで買われた所は、売り場(山)。
ブレイクされたらトレンドの転換。
それまでのトレンドに沿ったポジションの全てを手仕舞うことが必要。

トレンド・ラインの重要度

重要度を決めるポイントは二つ。
トレンドが続いた期間(長い方が重要)。
トレンドがテストされた回数(多い方が重要)。
トレンド・ラインが重要なものであればあるほど、信頼性は増し、そのブレイクも見逃せないものになる。

トレンド・ラインには全ての価格の動きを含める

ローソク足の真ん中だけではなく、上ひげ下ひげも全て含める。

一時的なブレイク

一日のある一時点でのブレイクは、トレンドの転換かあるいは継続かを決定し難い。
今までのトレンド・ラインを維持する一方で、新しいトレンド・ラインをとりあえず点線で引いて、どちらが正しいかより明確になるまで待つのも一つの考え方である。

トレンド・ラインの役割逆転

サポート・レジスタンスレベルがブレイクすると役割が逆転するように、トレンド・ラインもブレイクすると役割が逆転する。

f:id:cryptannews:20171220222135j:plain

そのため、一度はブレイクされたトレンド・ラインでも、そのまま延長して見ておいた方が良い。

トレンド・ラインの福次効果

目標価格を決める。
トレンドラインは一度ブレイクされると、価格はトレンド・ラインから垂直に同距離だけ動く。

f:id:cryptannews:20171220223153j:plain

トレンド・ラインの傾斜度

トレンド・ラインの傾斜度もまた重要である。
一般的には、重要なトレンドラインは、ほぼ45度の角度で描かれる。
傾斜が強すぎるものは通常保持しえないものである可能性を示す。
したがって、このラインが反動で破られても、それは結果的によりなだらかな45度ラインへの修正にとどまることもある。
傾斜が平坦すぎる場合には、トレンドとして弱すぎて、トレンド自体疑わしい。

-テクニカル勉強


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

トライングルの変形☆テクニカル勉強メモ

アセンディング・トライアングル アセンディング・トライアングルは常に強気のパターンである。 上辺のトレンド・ラインが水平であり、下辺のトレンド・ラインは上昇している。 これは買い手の方が売り手よりも積 …

no image

トライアングル☆勉強メモ

シンメトリカル・トライアングル シンメトリカル・トライアングル(あるいはコイル)は、現行のトレンドの一時休止期間であり、それが終わる時には再び同じトレンドに戻ることを示すものである。 2本の収縮するト …

トレンド・ラインの応用☆テクニカル勉強メモ

ファン理論 上昇相場が一時止まったあとで価格が一時的に下落し、トレンド・ライン(1)をブレイクできなくなることがある。 その場合、次のトレンド・ライン(2)を引くが、またブレイクできない。 さらに、次 …

フラッグとペナント☆テクニカル勉強メモ

フラッグとペナント フラッグやペナントは市場の大きな動きの一時休止を表すものであり、事実、両者ともそれに先立って鋭くほとんど直線的な動きがあることが形成の必須条件となっている。 ※よく出現する! まず …

no image

ヘッド・アンド・ショルダー☆勉強メモ

ヘッド・アンド・ショルダー型の反転パターン 大きな上昇トレンドで山と谷を連続してつけながら上昇していた相場が、次第にその勢いを失い始めた場合を考える。 上昇トレンドはしばらく平坦になり、この間供給と需 …