テクニカル勉強

トレンド・ラインの応用☆テクニカル勉強メモ

投稿日:

ファン理論

上昇相場が一時止まったあとで価格が一時的に下落し、トレンド・ライン(1)をブレイクできなくなることがある。
その場合、次のトレンド・ライン(2)を引くが、またブレイクできない。
さらに、次のトレンド・ライン(3)を引くが、破られる。
この第3のトレンド・ラインを破られると、通常、価格はさらに一段の下落へと進むと言われている。
=トレンド・ブレイク

f:id:cryptannews:20171226234020j:plain

一度破られたトレンド・ライン(1)(2)は、次に抵抗線になっている。

f:id:cryptannews:20171226234452p:plain

チャネル・ライン(リターン・ライン)

価格は、往々にして2本の平行線、すなわち、基本的なトレンド・ラインとチャネル・ラインの間を動く。
もし、実際マーケットがそういう状況にある時、チャネルの存在が確認できれば、これを利用して利益を得られる。

f:id:cryptannews:20171226235127j:plain

基本的な上昇トレンド・ラインは、新しくロングポジションを作ろうとする時に用いられるが、チャネル・ラインは短期的な利食いをする場合に効果的に使われる。
チャネル・ラインはその保たれている期間が長く、回数が多いほど信用できる。

別の利用法として、プライスがチャネルラインまで届かなかった場合、トレンド変換の早期の警告とも受けられる。

上昇チャネルが上に大きく突き抜けた場合は、通常、上昇トレンドが加速したことを意味する。

価格の戻りの割合

マーケットがある特定の方向に動いたあとは、価格は逆の方向に少しばかり戻り、また元のトレンドに沿った動きを見せる。

1/3戻し、半値戻し、2/3戻し。

したがって、強い上げ相場の調整は少なくとも1/3は戻す可能性が強い。
買いのチャンスを狙っているのであれば、チャートから33%〜50%のゾーンを計算し、タイミングを決める大枠とする。

最大の戻り幅は66%。
これが戻りのギリギリのライン。
トレンドが継続されるためには、調整は2/3の地点で止まらなければならない。
もしプライスが2/3を超えて動くのであれば、調整というよりもむしろトレンド転換と受け止めた方がいい。

リバーサル・デー

リバーサル・デーはマーケットの天井あるいは大底で出現する。
上昇トレンドが最高値をつけたものの、次第に価格が弱含んでいき、前日終値よりも低い値でクローズする。

その日の値幅が広く、取引高が多ければ多いほど、近々トレンド転換する可能性を示すサインとして重要である。

-テクニカル勉強


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

サポートとレジスタンス☆テクニカル勉強メモ

概念 サポート:前回安値。 チャート上で売り圧力に勝る買い意欲が存在する価格水準、領域。 結果、価格は下げ止まり、再度上昇に転ずる。 レジスタンス:前回高値。 売り圧力が買い圧力に勝る結果、が押し戻さ …

no image

出来高と建玉☆テクニカル勉強メモ

出来高と建玉 出来高とは、ある期間中に取引されたコントラクト数である。 建玉とは、一日の取引終了時の未決済または未清算のコントラクトの総数である。 建玉には明確な季節性が存在し、建玉の増加は、その増加 …

icatch

保護中: スパイク直前にエントリーするには

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。

no image

トライアングル☆勉強メモ

シンメトリカル・トライアングル シンメトリカル・トライアングル(あるいはコイル)は、現行のトレンドの一時休止期間であり、それが終わる時には再び同じトレンドに戻ることを示すものである。 2本の収縮するト …

no image

その他のチャートパターン☆テクニカル勉強メモ

ウェッジ・フォーメーション ウェッジは、シンメトリカル・トライアングルとよく似ていて、アペックス(頂点)で収縮される2本のトレンド・ラインによって識別される。 パターン完成まで1〜3ヶ月の中期パターン …