テクニカル勉強

トライアングル☆勉強メモ

投稿日:2018-01-20 更新日:

シンメトリカル・トライアングル

f:id:cryptannews:20180114213024j:plain

シンメトリカル・トライアングル(あるいはコイル)は、現行のトレンドの一時休止期間であり、それが終わる時には再び同じトレンドに戻ることを示すものである。
2本の収縮するトレンド・ライン、すなわち、下向きの上辺と上向きの下辺からなる。
上昇トレンドの途中でシンメトリカル・トレンドが見られる場合、終結後は再び上昇トレンドをたどる確率が高い。
トレンドが下降傾向であったならば、弱含みの予兆として捉えるべきである。

パターンの高さを測るための左側の垂直の線をベースという。
2本の直線が交わる右側の点がアペックス(頂点)である。

トライアングルには最低四つのリバーサル・ポイントが必要である。
あれ?シンメトリカル・トライアングルか?と思うのは第4点の時点。
最低限必要なのは4点であるが、実際はトライアングルのほとんどが6個のリバーサル・ポイントを持つ。
つまり、3つの山と3つの谷で5つの波を形成している。

トライアング分析のためのタイムリミット

トライアングル・パターンにはタイムリミットがある。
すなわち、2本の線が交差する点、アペックスである。
一般原則として、ベースからアッペクスを結んだ水平線の3/4までのところで価格はブレイクする。
3/4過ぎても価格がトライアングルの中にいる場合、トライアングルの効力は失われる。
ブレイクには、一日のある時点ではなく、終値でトレンド・ラインを突破していることが重要である。

だましシグナル

強気トライアングルが上昇トレンドの再開寸前に虚偽の弱気シグナルを出す時がある。
このシグナルは、通常、トライアングルの5番目の最後の足で出る。
このシグナルの特徴は、価格が2〜3日間大きい取引量で下方にブレイクした後に、急反発から上昇トレンドに転ずることである。

取引量の重要性

その1
取引量は、トライアングルの価格幅が狭まるについれて減少していく。
パターンを完成するトレンド・ラインの貫通後は、取引量は目に見えて増加するはず。
一時戻しの時も取引量は少なく、トレンド再開と同時に大きくなっていく。

その2
取引量は、下降時より上昇時において増加する。
全てのパターンにおいて取引量の増加は上昇トレンド再開の必須条件である。
取引量増加は下降トレンドに置いても重要であるが、特に価格がアペックスに近づいた際の取引量急上昇は、だましシグナルである可能性が高いので注意。

その3
パターンの形成中取引量は全体的に減るものの、よく見れば、上昇、下降、のいずれの場合に相対的に増えているのか分かるはずである。
上昇トレンドにおいては上昇時に取引量が増え、下落時には減るという傾向がわずかでも見いだせるはずである。

目標値測定方法

f:id:cryptannews:20180120173137j:plain

最も簡単な方法は、ベースの高さをはかり、ブレイクポイントまたはアペックスからその高さを投影する方法。
もう一つの方法は、ベースの頂上から下辺のトレンド・ラインと平行にトレンド・ラインを引く方法。
新たな上昇の動きは、トライアングルを形成する以前の上昇の動きとほぼ同じ角度をとる傾向があるので、それを利用すれば、価格が情報のチャネル・ライン上の上値目標に達するだいたいのタイミングを知ることも可能である。

-テクニカル勉強


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

ヘッド・アンド・ショルダー☆勉強メモ

ヘッド・アンド・ショルダー型の反転パターン 大きな上昇トレンドで山と谷を連続してつけながら上昇していた相場が、次第にその勢いを失い始めた場合を考える。 上昇トレンドはしばらく平坦になり、この間供給と需 …

no image

その他のチャートパターン☆テクニカル勉強メモ

ウェッジ・フォーメーション ウェッジは、シンメトリカル・トライアングルとよく似ていて、アペックス(頂点)で収縮される2本のトレンド・ラインによって識別される。 パターン完成まで1〜3ヶ月の中期パターン …

no image

サポートとレジスタンス☆テクニカル勉強メモ

概念 サポート:前回安値。 チャート上で売り圧力に勝る買い意欲が存在する価格水準、領域。 結果、価格は下げ止まり、再度上昇に転ずる。 レジスタンス:前回高値。 売り圧力が買い圧力に勝る結果、が押し戻さ …

no image

出来高と建玉☆テクニカル勉強メモ

出来高と建玉 出来高とは、ある期間中に取引されたコントラクト数である。 建玉とは、一日の取引終了時の未決済または未清算のコントラクトの総数である。 建玉には明確な季節性が存在し、建玉の増加は、その増加 …

no image

トレンド・ライン☆テクニカル勉強メモ

トレンド・ライン トレンド・ラインの基本は、チャーティストが用いるテクニカル・ツールの中で最も単純でありながら、しかも先物市場においては最も有効なものである。 トレンド・ラインを引く 1:トレンドの証 …