「BITCOIN NOW !!」はファンダメンタル情報とテクニカルチャート分析を元にビットコインのチャートを分析しているブログです。“BITCOIN NOW !!” is a blog analyzing the current situation of crypto currencies almost every day based on fundamentals and technical chart analysis.

テクニカル勉強メモ

トライングルの変形☆テクニカル勉強メモ

投稿日:2018-01-21 更新日:

アセンディング・トライアングル

f:id:cryptannews:20180120173815j:plain

アセンディング・トライアングルは常に強気のパターンである。
上辺のトレンド・ラインが水平であり、下辺のトレンド・ラインは上昇している。
これは買い手の方が売り手よりも積極的であることを示している。
それゆえ通常強気なものと考えられ、上方にブレイクして完成する。
上方へのブレイクは、水平な上値が終値ベースで決定的に破られることで予告される。
ブレイク時には取引量が顕著に増加する。
支持線への戻しもしばしば生じるが、その際の取引量は通常少ない。

目標値

ベースの高さをはかり、ブレイク・ポイントからその長さを上方へ投影。

底値でのアセンディング・トライアングル

アセンディング・トライアングルは、通常上昇トレンドに現われ、コンティニュエーション・パターンと見なされているが、時には底形成のパターンとなることもある。
下降トレンド末期にアセンディング・トラインアングルが現れることもさほど珍しいことではないが、この場合でもアセンディング・トライアングルは強気と解せられる。
上辺のブレイクはベース完成を意味し、強気な信号と考えられる。

f:id:cryptannews:20180120224159p:plain

ディセンディング・トライアングル

f:id:cryptannews:20180121161129j:plain

ディセンディング・トライアングルは、アセンディング・トライアングルの対称系であり、概して弱気パターンと考えられている。
このパターンは売り手の方が買い手よりも積極的であることを示しており、通常下向きに収束する。
下落の合図は、下辺を徹底的に下回る終値であり、その際の取引量は通常増加しているはずである。
戻しもときどき発生するが、その際は下辺のトレンド・ラインが抵抗線となる。
目標値の測定は、アセンディングと全く同じ。

上値でのディセンディング・トライアングル

ディセンディング・トライアングルはコンティニュエーション・パターンの一つであり、通常下降トレンドの中で現れるが、たまにマーケットの天井にあらわれることがある。
この場合、水平な下辺の下側でのクローズが、下方への大きなトレンド転換の合図である。

ブロードニング・フォーメーション

f:id:cryptannews:20180121164405j:plain

ブロードニング・フォーメーションはトライアングルから派生した比較的珍しい型で、逆三角形もしくは後ろ向き三角形ともいう。
このフォーメーションのトレンド・ラインは右側に広がっていき、三角形が拡大していうかのようである。
取引量は、価格変動の幅と同様にどんどん拡大する。
※トライアングルと逆!
これは、市場が手のつけられない以上心理状態にあることを示す。
このパターンは、通常の量をはるかに超えた大衆の市場参加を表すもので、主要なマーケットの天井で発生することが多い。

したがって、ブロードニング・フォーメーションは、通常弱気パターンである。

3番目のピークの反動が2番目の谷を突破した時に、このパターンは完成し、大きな弱気シグナルをだすことがある。
※5という数字が重要!
この種のトッピング・フォーメーションに置いては、弱気シグナルが出た後に一度戻しが生じて、再び新たな弱気シグナルが出るまでの間に、下げ足の50パーセントまで戻してしまうことも珍しくない。

パターン進行に従い、価格変動、取引量、ともに激増する。

ダイヤモンド・フォーメーション

f:id:cryptannews:20180121165849j:plain

ダイヤモンド・フォーメーションは、マーケット・トップに現れるもう一つの珍しいパターンである。
このパターンの前半はエクスパンディング、後半はシンメトリカル・トライアングルに似ている。
取引量は前半では価格変動と同じく拡大傾向をたどり、後半では価格変動の幅の縮小と同時に減少していく。

比較的珍しいパターンであるが、ほとんどの場合、マーケット・トップで発生する。
フォーメーションは後半部分の上昇トレンド・ラインが下にブレイクされた時点で完成する。
通常、ブレイク時には取引量が増加する。

-テクニカル勉強メモ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

トライアングル☆勉強メモ

シンメトリカル・トライアングル シンメトリカル・トライアングル(あるいはコイル)は、現行のトレンドの一時休止期間であり、それが終わる時には再び同じトレンドに戻ることを示すものである。 2本の収縮するト …

no image

ヘッド・アンド・ショルダー☆勉強メモ

ヘッド・アンド・ショルダー型の反転パターン 大きな上昇トレンドで山と谷を連続してつけながら上昇していた相場が、次第にその勢いを失い始めた場合を考える。 上昇トレンドはしばらく平坦になり、この間供給と需 …

no image

売買シグナル☆テクニカル勉強メモ

ダブル・クロス・オーバー法 2本の移動平均線をつかう。 短期線が長期線を上に切った時が買いシグナル。 短期線が長期線を下に切った時が売りシグナル。 移動平均線は本質的にトレンド追随型であり、マーケット …

トレンド・ラインの応用☆テクニカル勉強メモ

ファン理論 上昇相場が一時止まったあとで価格が一時的に下落し、トレンド・ライン(1)をブレイクできなくなることがある。 その場合、次のトレンド・ライン(2)を引くが、またブレイクできない。 さらに、次 …

no image

基本法則☆テクニカル勉強メモ

平均は全ての事象を盛り込む 需要と供給に影響を及ぼす全ての要因は、市場平均に反映されている。 地震やその他災害(明らかにマーケットが予測できない事象)も直ちに織り込まれる。 トレンドには3種類ある 主 …