「BITCOIN NOW !!」はファンダメンタル情報とテクニカルチャート分析を元にビットコインのチャートを分析しているブログです。“BITCOIN NOW !!” is a blog analyzing the current situation of crypto currencies almost every day based on fundamentals and technical chart analysis.

テクニカル勉強メモ

その他のチャートパターン☆テクニカル勉強メモ

投稿日:2018-01-24 更新日:

ウェッジ・フォーメーション

f:id:cryptannews:20180123214119j:plain

ウェッジは、シンメトリカル・トライアングルとよく似ていて、アペックス(頂点)で収縮される2本のトレンド・ラインによって識別される。
パターン完成まで1〜3ヶ月の中期パターン。

ウェッジの特徴は、上方もしくは下方に向いた”傾斜”である。
ウェッジの傾斜は、通常フラッグと同様に、トレンドに対し逆向きになる。
したがって、下向きウェッジは強気の相場、上向きウェジは弱気の相場を意味する。

ウェッジはよく現行トレンドの中で現れ、通常は継続パターンを形成する。
しかし、極めて稀に、市場の天井または底でウェッジが現れる場合がある。
例えば、上昇トレンドの終わり近くで現れる、明らかに上昇型のウェッジ。
本来上昇トレンドなので下向きに傾斜しているはずだが、このような場合は逆に弱気なシグナルであると判断することができる。
底に置ける下降型ウェッジも、おそらく弱気トレンドが終了しつつあることのヒントである。

通常、ウェッジ・パターンは、その完成までにアペックスまでの距離の少なくとも3分の2は動く。
ときにはアペックスまで到着し、そこから初めて新しい方向を示すこともある。
※シンメトリカル・トライアングルとの違う点

ウェッジ形成の間、取引量は縮小し、完成時に増大する。

レクタングル・フォーメーション

f:id:cryptannews:20180123222248j:plain

レクタングルでは、価格は2本の水平な平行線の間を横ばいに動き、トレンドの一時休止を表すものである。
別名、トレーディング・レンジ、コンジェスチョン・エリア、ダウ理論の専門用語でいうライン。
現行トレンドの中での地固め期間であり、通常それまでのトレンドと同じ方向に動き出して終わる。

上値線、もしくは下値線が決定的に突破されることで、レクタングルの完了と、同時に次のトレンドの方向が示される。
ただし、レクタングルの調整がトレンド転換にならないかいつも注意しておくこと。
※トリプル・トップなどのリバーサル・パターンにもなりうる!

価格は上下方向にかなり動くものだが、どちらの方向へ動く時に取引量が増加するか、よく観察しておく必要がある。
上昇時の出来高の方が多い→上げトレンド、下降時の方が多い→下げトレンド。

パターンの持続期間は1〜3ヶ月。
取引量に関しては、レンジ内での価格の上下が大きいため、減少はしない。
※他の継続パターンと異なる!

保合い型のヘッド・アンド・ショルダー・パターン

f:id:cryptannews:20180124122812j:plain

ヘッド・アンド・ショルダー・パターンは、場合によってはリバーサル・パターンではなく、保合い型のパターンとして出現することがある。
リバーサル・パターンと異なる点は、
上昇トレンド:真ん中のへこみの部分が他の二つの肩の部分よりも下に出る
下降トレンド:真ん中の頂上が他の二つの頂上を超える
の部分。

ネック・ライン等の解釈はリバーサル・パターンの場合と同様。

市場の特性

チャート分析の原理は、概ね全ての市場に適用可能であるが、だからと言って必ずしもすべての市場が同じように動くことを意味するものではない。
各々の市場には個性があり、独自の特徴がある。
※銅、金、小麦、大豆etcはチャート分析がよく馴染む相場、豚肉やオレンジはチャート分析手法に基づいて取引することが極めて難しい相場
特定の商品のチャートは他の商品の場合とは異なるパターンを連続して作る傾向がある。
※綿花のチャートは丸い天井や底をよくつける、大豆はトライアングルをよく作る、小麦はヘッド・アンド・ショルダーがよく見られる、など
チャートの原理を適用する際には、商品ごとの差異をよく考慮するべきである。

-テクニカル勉強メモ


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

フラッグとペナント☆テクニカル勉強メモ

フラッグとペナント フラッグやペナントは市場の大きな動きの一時休止を表すものであり、事実、両者ともそれに先立って鋭くほとんど直線的な動きがあることが形成の必須条件となっている。 ※よく出現する! まず …

no image

ダブル・トップとダブル・ボトム☆テクニカル勉強メモ

ダブル・トップとダブル・ボトム ヘッド・アンド・ショルダーの次によく見られる反転パターン。 ヘッド・アンド・ショルダーと一般的性質は同じである。 二つのピーク(A点とC点)がほぼ同レベルにある。 谷の …

no image

トライアングル☆勉強メモ

シンメトリカル・トライアングル シンメトリカル・トライアングル(あるいはコイル)は、現行のトレンドの一時休止期間であり、それが終わる時には再び同じトレンドに戻ることを示すものである。 2本の収縮するト …

no image

ヘッド・アンド・ショルダー☆勉強メモ

ヘッド・アンド・ショルダー型の反転パターン 大きな上昇トレンドで山と谷を連続してつけながら上昇していた相場が、次第にその勢いを失い始めた場合を考える。 上昇トレンドはしばらく平坦になり、この間供給と需 …

no image

基本法則☆テクニカル勉強メモ

平均は全ての事象を盛り込む 需要と供給に影響を及ぼす全ての要因は、市場平均に反映されている。 地震やその他災害(明らかにマーケットが予測できない事象)も直ちに織り込まれる。 トレンドには3種類ある 主 …